トップ » ご家族の方へ
テレビやラジオを大きな音量で聞いているとか、電話や呼び出しベルが鳴っているのに気がつかないことがある、話す声が大きい、名前を呼んでも気づかないことがある、会話がかみ合わないことがある…などご本人様は気づいていないのに、ご家族だからこそ気づくことがあります。ご家族にこのような状態がみられたら、聴力が落ちている可能性があります。
あの頃の聞こえを取り戻して、人生をよりアクティブに過ごして欲しいとお考えなら、ぜひお近くのルックワンへお気軽にご相談ください。
補聴器をつけたから完全に聞こえを取り戻すわけではありません。 使用する方の聞こえによってその効果には個人差があります。
補聴器は最先端のテクノロジーを使った医療機器ですので、補聴器を使用すれば、周囲の健聴者と同じように会話ができて当然と思う方も少なくありません。 しかし、補聴器を使用しても難聴が回復したわけではないため、補聴器を使用している方と接する時には、いくつかの配慮が必要となります。
補聴器をつけたから完全に聞こえを取り戻すわけではありません。使用する方の聞こえによってその効果には個人差があります。
補聴器は最先端のテクノロジーを使った医療機器ですので、補聴器を使用すれば、周囲の健聴者と同じように会話ができて当然と思う方も少なくありません。
しかし、補聴器を使用しても難聴が回復したわけではないため、会話はできるだけ近づいて行ってください。
話しかける時は、いきなり内容を話すのではなく、相手の名前を呼び、一声かけてから話すことが大事です。
また、「ねえねえ」「あのね」など注意を引いてから、相手が聞く体勢になったことを確認してください。突然話しかけられると、聞き返しをされることが多くなります。また、言葉を区切って話してあげると、言葉の理解がしやすくなります。
難聴になると、音声情報だけでは十分に言葉を理解することが難しくなるため、口元の動きなどの視覚的な情報は大変重要な役割となります。
そのため口元を見ながら会話が出来るように正面から話しかけるように心掛けてください。新聞を読みながらや食べながら話しかけないように心がけてください。
何度言っても聞き取れない場合は、ただ単に同じことを繰り返さずに、言い回しを変えてみたり、内容が想像できるようなヒントを加えてみてください。
言葉により、聴こえやすさや唇の動きの読みは異なります。
「朝食」を「朝ごはん」、「価格」を「ねだん」など、同じ意味の別な言葉を選んで話しかけてください。
聞き返しをされてもイヤな顔や面倒くさそうな態度をしないでください。
ご家族や周囲の方のちょっとした思いやりで、励まされたり、落ち込んだりするものです。
特に聞こえの悪い高齢者の心理状態は繊細なもので聞こうとする意欲がなくなってしまうと、補聴器の効果まで激減してしまいます。
複数人で会話をするときは1人ずつ話しかけるようにして、大勢で1度に話しかけないようにしてください。
特に高齢の方の場合は、1度に処理できる情報量が少なくなってしまいますので、話題も1つに絞るほうが理解しやすくなります。
また、話題が変わったときは、分かりやすく教えてあげてください。
NHKのニュース番組や大河ドラマが聞き取りやすいのはそのような配慮のおかげです。
外出先で、汗をかいたときは、補聴器を必ず拭くようにすすめてください。また、標高の高いところに行く時やトンネルに入る時など、気圧の影響で不快に感じる場合は、一度外すことをすすめてください。
補聴器は精密機器であるため、衝撃や水に弱い機器です。使用しないときや濡れてしまうようなときは、外すように声をかけてください。
また、赤ちゃんやペットがいる場合、補聴器を誤ってかじってしまう場合があります。補聴器や補聴器用電池を保管する際は、手の届かない場所に置くことを決めてください。
最後に、電池交換日を一緒に覚えてください。電池が切れてから交換するのではなく、1週間ごとや10日間ごとなど、交換する日を決めておいてください。